あおもりダイバーシティ研究環境推進ネットワーク設立会議を開催しました

8月9日、弘前大学創立50周年記念会館で「あおもりダイバーシティ研究環境推進ネットワーク」設立会議が開催されました。

あおもりダイバーシティ研究環境推進ネットワークは、連携して地域における女性研究者の研究活動支援や育成・裾野拡大を推進することを目的とし、青森県内の10大学、1高専、1公設試験研究機関、3企業でスタートしました。今後、女性研究者の研究活動支援や育成・裾野拡大や、課題共有、課題解決に向けた情報・意見交換、ネットワーク構成機関等が実施するセミナー等にかかる情報提供や相互参加等を行います。

会議には、9機関から14人が出席しました。冒頭、佐藤敬学長が「岩手では岩手大学を中心としたいわて女性研究者支援ネットワークをつくられている。青森県でもネットワークを構成し、学内にとどまらず地域においてもダイバーシティ研究環境を皆様と協力して推進していきたい」と挨拶しました。続いて、ネットワーク規約と本ネットワークを文部科学省科学技術人材育成費補助事業ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)「ダイバーシティ実現で北東北の未来を先導」に参加機関として位置づけることが審議、決定されました。

会議後には、岩手大学男女共同参画推進室の堀久美准教授から「いわて女性研究者支援ネットワークの取組について」と題した講演をいただき、続いて、出席者間で情報・意見交換が行われました。

設立会議の様子  設立会議の様子

あおもりダイバーシティ研究環境推進ネットワーク規約